水戸市千波町の歯医者[御茶園通り歯科クリニック Osaen-Dori Dental Clinic]は、顕微鏡治療(マイクロデンティストリー)からインプラント、ホワイトニング、口腔外科、小児歯科まで親切丁寧に診療しています。

news and blogクリニック通信

御茶園通り歯科クリニックのニュースページでは、歯科治療を中心に、さまざまな内容をつづります

2019

5/20

MON

むし歯になりやすい場所について

歯科衛生士の内田です。

皆さん今年のGWは、お休みを満喫できましたか?

お休み長いと急に歯が痛み出したり、詰め物が取れてしまったなどトラブルが出てくる場合があると思います。

 今回はむし歯になりやすい4カ所についてお話したいと思います。

その①歯と歯の間

歯ブラシだけでは手入れが行き届きにくいため、汚れがつきやすいところです。糸ようじや、フロスを通して歯と歯の間をお掃除しましょう。

その②歯の根元

加齢や歯周病によって歯ぐきが下がり、歯ぐきに守られていた箇所が露出してしまうと、歯の根元の表面は非常に弱いため、むし歯になりやすくなります。フッ素入りの歯磨き粉や洗口液を使って予防することが大切です。

その③歯の溝

奥歯の噛むところは溝が深くなっていて、歯ブラシの毛先が行き届きにくいところです。シーラントという歯の溝に白い詰め物を詰めることによって、むし歯予防になります。

 その④詰め物と歯の隙間

一度治療をして保険適用の「詰め物・かぶせ物」などをしたところは、もう一度むし歯になる危険性が高くなります。人工物である以上、毎日の食事などで使用していれば、どうしても隙間や段差などができ、そこに汚れがたまってむし歯になります。対策としては自費のセラミックなどに変えると汚れも引き寄せにくいので、むし歯になりにくくなります。

 むし歯の早期発見、早期治療、正しいケアなどもアドバイスも出来るので、定期的なご来院をお待ちしております。

 

 

 

一覧へ