水戸市千波町の歯医者[御茶園通り歯科クリニック Osaen-Dori Dental Clinic]は、顕微鏡治療(マイクロデンティストリー)からインプラント、ホワイトニング、口腔外科、小児歯科まで親切丁寧に診療しています。

news and blogクリニック通信

御茶園通り歯科クリニックのニュースページでは、歯科治療を中心に、さまざまな内容をつづります

2019

1/11

FRI

新年

歯科衛生士の内田です。

新年が明けて、2019年となりました。

年が明けますと、お餅を食べたり硬いものを食べる機会が増えてくると思います。

今回はブリッジを入れたあとのリスクついてお話しさせて頂きます。

歯が抜けてしまった場合、その部分を橋のようにして補うのが「ブリッジ」です。入れ歯のように取り外す必要もないので日常の使用はとても楽ですが、橋の支えとなる歯には大きな負担がかかります。もし支えとなる歯が折れてしまうと、新しいブリッジを作る必要があります。今度はより多くの支えとなる歯が必要となり、さらに折れてしまうリスクが高まります。

それを繰り返し、次々と歯を失う方が少なくありません。そもそもブリッジは歯ぐきから浮いた部分にプラークがたまりやすいので、それが歯周病や虫歯の原因となります。つまり支えとなる歯にダメージを与えやすい環境にあります。

ブリッジの拡大を防ぐためには日頃からの十分なケアと、定期的なチェックが大切です。

セルフケアをする場合には歯間ブラシやスーパーフロスという特殊なケア用品があります。

もしセフルケアなどや何か分からないことやご質問などがありましたら、クリーニングの際お気軽にスタッフにお尋ねください。

まだまだ寒い日が続きますし、乾燥もしていますので加湿して風邪引かないように気をつけて下さい。

本年度も御茶園通り歯科クリニックをよろしくお願いします。

一覧へ